企業のAI活用に革命をもたらす アトスの次世代サーバー

2018年6月8日
アトス株式会社

アトス株式会社(本社:東京都港区 代表:平田 柔、以下アトスジャパン)は次世代サーバー 「BullSequana S」の日本国内での販売を開始しました。 BullSequana S は、デジタルトランスフォーメーションのリーダーであるアトス SE (Societas Europaea)(本社:フランス ブゾン Chairman and CEO:Thierry Breton、以下アトス)が開発した、「企業がAI(人工知能)を最大限に活用できるようにする」新しいサーバーラインナップです。アトスが開発したウルトラスケーラブルサーバー BullSequana S は機械学習、ビジネスクリティカルなコンピューティングアプリケーションとインメモリ環境向けに最適化されています。

AIの広範な機能を利用するためにはパフォーマンスに優れたインフラストラクチャが必要となります。BullSequana Sは強力な CPU (中央演算処理装置)と GPU (画像処理装置)のユニークな組合せによってお客様の AI への取り組みをサポートします。 BullSequana S の柔軟性は、実証済みのユニークなモジュラーアーキテクチャを活用し GPUを導入することにより、既存のエンタープライズワークロードに機械学習機能と AI 機能を追加する機敏性をお客様に提供します。

両方の課題に対応するウルトラスケーラブルサーバー:クラシカルユースケースからAIまで

BullSequana S は、最先端のインテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー(コードネームは Skylake)とアトスの開発チームが設計した革新的なアーキテクチャーを組み合わせています。 BullSequana S を使用することにより、革新的な大容量ストレージ、 GPU などのブースター機能、FPGA (Field Programmable Gate Array) などのその他の技術、 2 〜 32 CPUの超スケーラビリティにより、アプリケーションのパフォーマンスを向上させながら、インフラストラクチャのコストを削減できます。

SAP HANA Technology Innovation Networksの上席副社長兼グローバルヘッド イェルク・ゲーリングは次のように述べています。
「アトスは、 SAP HANA を導入するための高性能でスケーラブルなソリューションを提供する卓越したグローバルSAPパートナーです。最大16TBが保証された SAP HANA アプリケーションのフルレンジの提供により、SAP HANAの導入を一緒に促進しています。アトスによって開発された新しい BullSequana S サーバーは、市場で最もスケーラブルなプラットフォームの 1 つで、 SAP HANA の重要な導入に最適化されています。 人工知能と機械学習を中心とした SAP とアトスの新しいコラボレーション領域を新たに開くと期待されています。」

BullSequana S –コストを最適化しながら極限のパフォーマンスを:

  • 単一のサーバーに最大 32 のプロセッサ、 896 のコア、 32 のGPUを搭載し、ビジネスニーズに応じてキャパシティがスムーズに進化し、優れたパフォーマンスと長期的な投資保護をサポートします。
  • 単一のサーバーに最大 48TB の RAM 又は 64TB の NV-RAM を搭載することで、セキュリティと高品質のサービスを確保しながら、インメモリ技術を使用するエンタープライズ・プロダクション・データベースのリアルタイム分析が従来のコンピュータよりも高速化します。
  • 最大 2PB の内部データストレージを備えた BullSequana S は、データレイクおよび仮想化環境を効率的にサポートします。

アトスのフェロー、ビッグデータ&HPCヘッド アルノー・ベルトランは次のように述べています。

「企業の IT 部門での機械学習とAIを強化するために、アトスはビジネスクリティカルなコンピューティングと HPC を 1 つのデバイスに集約することで、顧客のデジタルトランスフォーメーションを加速する新世代のコンピューティングプラットフォームを開発しました。BullSequana S は投資を最適化しながら極限のパフォーマンスを実現する、柔軟性に富んだ信頼出来るサーバーです。」

 

可用性

BullSequana S は、世界中で提供されています。そして、本日より日本国内での提供が開始されました。日本国内における BullSequana S のサポートは、北海道から九州まで SLA に基づくオンサイトサポートの提供も可能です。

 

***

 

アトスについて

アトスは、世界 73 カ国に従業員約100,000 人を擁し、年間売上130 億ユーロのデジタルトランスフォーメーションのリーディング企業です。アトスは、ビッグデータ、サイバーセキュリティー、ハイパフォーマンスコンピューティング、デジタルワークプレイスにおいてヨーロッパでナンバーワンの企業であり、クラウドサービス、インフラストラクチャ&データ管理、ビジネスソリューション&プラットフォームソリューション、ならびにヨーロッパにおけるペイメント業界のリーダーである Worldline  を通じトランザクションサービスを提供しています。

その最先端のテクノロジ、デジタルの専門知識、業界の知識を活かし、アトスは、防衛、金融サービス、保健、製造、メディア、エネルギー、公共施設、公共部門、小売り、電気通信、輸送などさまざまなビジネス分野においてクライアントのデジタルトランスフォーメーションをサポートします。アトスは、オリンピックとパラリンピックの世界規模の情報テクノロジパートナーであり、ユーロネクストパリ市場に上場しています。アトス、アトス Consulting、アトス Worldgrid、Bull、Canopy、Unify、Worldlineのブランドで事業に取り組んでいます。

 

お問い合わせ先

アトス株式会社

ビッグデータ&セキュリティ本部

TEL 03-5532-1639 FAX 03-5532-1642

sales.jp@atos.net

 

※ Intel、Xeon、は、アメリカ合衆国とその他の国々の両方またはいずれかにおける Intel Corporation の商標または登録商標です。

※ SAP、SAP HANAとその他のSAP製品、サービス、およびそれぞれのロゴは、ドイツおよびその他の国におけるSAP SE(または関連会社)の商標または登録商標です。商標に関する追加情報および注意事項については、http://www.sap.com/corporate-en/legal/copyright/index.epxをご参照ください。ここに記載されているその他すべての製品名およびサービス名は、それぞれの所有者の商標です。

※ SAP将来予測に関する記述

この文書に含まれる歴史的事実以外の記載は、1995年米国民事証券訴訟改革法(U.S. Private Securities Litigation Reform Act of 1995)に規定された将来予測に基づく記載事項です。 SAP に関して使用された「見込む」、「確信する」、「推定する」、「期待される」、「予測する」、「意図する」、「可能性がある」、「予定である」、「予想される」、「予測される」、「はずである」、「つもりである」および同様の表現は、このような将来予測に基づく記載を示すためのものです。SAPは予測に基づくいかなる記載事項についても、公的に更新、もしくは変更するいかなる義務も負いません。将来予測に基づく記載には、さまざまなリスクや不確定要素が含まれており、これらによって実際の結果が予想と大きく異なったものとなる可能性があります。 SAP の将来の業績に影響する可能性のある要因については、最新版の年次報告書(Form 20-F)を含む、 SAP が米国証券取引委員会(U.S. Securities and Exchange Commission)に提出した資料に詳細に記載されています。将来予測に基づくこれらの記載事項は、それぞれの日付においてのみ有効な記載であり、読者は過度な信頼を寄せないよう注意する必要があります。